塚原諏訪神社

塚原諏訪神社

私は普段から車で走っていて鳥居を見るとどうしても目が行ってしまいます。

今月初め、山梨から長野の小諸へ向かう途中、佐久市塚原辺りで偶然見つけた神社です。山梨・長野は古い彫刻のある神社がいっぱいありますね。

諏訪神社

由緒

御祭神
建御名方神(たけみなかたのかみ)

創建・彫師などは分かりませんでした。南向きの神社です。

鳥居

瓦が乗っているタイプの鳥居で立派に見えます。雰囲気が良いです。

諏訪神社鳥居
諏訪神社鳥居

拝殿

拝殿はごくシンプルな作り。

諏訪神社拝殿
諏訪神社拝殿

本殿

お参りを済ませて早速裏へ。ここは裏へ回るには境内社を迂回する様な形になっていたのですが、視界が開けるとイキナリ鬼が出迎えてくれます。

鬼面
鬼面

少しニヤけている様でユーモラスというか、そこが逆に不気味な感じもします。阿行。

塀と覆屋で二重に守られた本殿。どっちか一つにしておいてくれたらなぁ。

本殿
本殿

東面胴羽目は馬師皇(ばしこう)。馬の歯医者さんで、その名声が天まで届いて龍までもが診て貰いに来たという、偉い仙人です。私も目標にしなければ。

東側胴羽目
馬師皇

本殿背面胴羽目。初めにザーッと全部の羽目板を見た時には、亀に仙人と言えば黄安かな〜、でも亀に乗ってないのは変だな〜なんて思っていたのですが、良く見ると釣竿を持っているので多分浦島太郎だと思います。玉手箱もある事だし。

北側胴羽目
北側胴羽目

西面胴羽目は虎仙人の董奉(とうほう)ですね、きっと。

西側胴羽目
西側胴羽目

西側屋根の鬼瓦。瓦って言って良いのかなぁ、木製の様だけど。こちらは吽行ですね。

鬼面
鬼面

離れてみるとこんな感じ。周りは良くある様な子供の遊び場になっていて、だからこんな厳重なのかも、と思いました。ボールとか飛んで来たら彫り物が壊れちゃいますからね。

本殿覆屋
本殿覆屋

刺青師・龍元