力神さまが屋根を支えます [曽木神社] 群馬県

御本殿背面 群馬県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年六月吉日、群馬県富岡市の曽木神社に参拝しました。

曽木神社鳥居

拝殿と覆い屋一体型の社殿。

曽木神社

御由緒

由緒などは分かりませんでした。御祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)の様です。

御本殿

右側から。

曽木神社御本殿

水引虹梁の上には定番の「龍」、兎の毛通しには「亀」がありました。

曽木神社向拝

正面扉には「竹林の虎」

曽木神社扉
海老虹梁の龍
御本殿胴羽目

「力神さま」が屋根を支えていらっしゃいます。阿形。

力神

胴羽目は梅と鶴をこよなく愛する「林和靖」

林和靖

左側から。

曽木神社御本殿

向拝持送りにいるのは「猿」です。

曽木神社向拝

この海老虹梁はもはや部材としての役目は果たしていないのではないか、と思われます。

海老虹梁の龍
御本殿胴羽目

こちら側でも「力神さま」が頑張っていらっしゃいます。吽形。

力神

胴羽目は、三千年に一回首を出す亀の首を五回も見たと言われる「黄安仙人」。五千年に一回を三回見た、だったかも。

黄安

背面。

御本殿背面

胴羽目は「布袋尊と唐子」。何をしているのかは知りませんが、よく見かけます。

布袋と唐子

鑑賞しやすい覆屋で彫り物の状態も良く、素晴らしい神社でした。

刺青師・龍元

145(2020.07.08)

コメント

タイトルとURLをコピーしました