寂れた極彩色が往時を偲ばせる [八幡神社] 埼玉県

塩八幡神社 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年四月、埼玉県熊谷市の八幡神社に参拝しました

塩八幡神社鳥居

御祭神 品陀和氣命ほむだわけのみこと

塩八幡神社拝殿

向拝の龍

向拝の龍

お馴染みの千社札たち

向拝の龍

裏へ回ります

塩八幡神社

御本殿がありました

塩八幡神社御本殿

だいぶ寂れてますが、元は鮮やかな色だったのでしょう

塩八幡神社御本殿

「唐子の書」かと思いましたが、髷を結っているので唐子ではないようです

書?

この日は薄曇りだったので、外での撮影は良いですが、覆屋の中はちょっと光量不足気味で画像が粗いです

塩八幡神社御本殿

覆屋背面には窓が無かったので、斜めから

?

これは何でしょう?

?
塩八幡神社御本殿

左面胴羽目は応神天皇誕生
応神天皇(品陀和氣命)を抱く武内宿禰です

応神天皇誕生

脇障子は両側とも鷹

塩八幡神社御本殿

往時はさぞかし豪勢だったのだろうと思われる立派な御本殿でした

刺青師・龍元

068(2021.05.09)

コメント

  1. Shin-Z より:

    こんばんは。

    背面の彫刻、私も全く見当がつかず、龍元さんならきっとわかるんじゃないかと思っていました。が、そうですか~、わかりませんか~(;´▽`A“他の二面がそうであるように、背面も日本の題材か?とは思いましたが、全然糸口がつかめないんですよね。龍元さんにぜひとも解明していただきたいです!よろしくお願いします(笑)

    • Shin-Zさん こんばんは、
      色々ググったんですがね〜。キーワードで解らない時は、絵の構図で探るしかありません。
      大学のデータベースなんかで絵手本を漁るのが趣味なんで、いつか解る日が来るかも知れません。過去にこの作戦で解明した物が結構あるんですよ。でも、いつも探している物でない物が見付かるんですよね。たった今も他所の不明胴羽目の画題を発見してしまいました。
      しかし、良い時代になりました。私が彫師修行を始めた頃は刺青の画題を図書館で調べてましたからね。師匠は教えてくれなかったし。 

タイトルとURLをコピーしました