胴羽目三面は二十四孝から [諏訪神社] 埼玉県

下大久保諏訪神社拝殿 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、埼玉県さいたま市の諏訪神社に参拝しました。

桜が八分咲きといった感じでしょうか。

下大久保諏訪神社鳥居
下大久保諏訪神社拝殿

御由緒

創建年不詳
男神 建御名方命(たけみなかたのみこと)
女神 八坂刀売命(やさかとめのみこと)
南向き

御本殿

下大久保諏訪神社御本殿
下大久保諏訪神社御本殿向拝
下大久保諏訪神社御本殿

二十四孝「楊香」。私を食べて父を助けて!と天に願ったら、虎が行っちゃったという話。楊香が虎の足にしがみつく姿が真に迫っていますね。父親のビビリ方も半端じゃありません。

楊香
下大久保諏訪神社御本殿

二十四孝「大舜」。両親に虐待されたが親孝行を尽くしたので、象と小鳥が畑仕事を手伝ってくれたという話。

大舜
下大久保諏訪神社御本殿

二十四孝「董永」。貧乏だが親孝行な青年が、父親の葬式代を借りる代わりに奴隷になる約束を金持ちとした。それを知った天帝は7番目の娘の七仙女を董永の元に差し向け、七仙女は機織りで董永の借金を返す。二人は愛し合うが、天界には勝手に人間と結婚できない掟があるので、天帝の命令で七仙女は天界へと連れ戻されてしまう、という場面。

董永

気候も良くなって来て、広い境内が気持ち良かったです。

刺青師・龍元

059(2020.04.07)

コメント

タイトルとURLをコピーしました