背中額彫り[騎龍雷神図] 始まりました!

騎龍雷神図 手彫り刺青作品
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

お客さんのF君は身長は私と同じ位で、筋肉質。刺青は今回が初めてです。将来は総身彫りを目指しているとの事。

打ち合わせ時に描いたアイデアを元に下絵を描きます。これはお客さんに仕上がりをイメージして貰う為の物なので大雑把です。

騎龍雷神図下絵

当日は、体の凹凸を考慮して微調整をしながら体に下絵を描いて行きます。

背中額彫り筋彫り

鏡や写真で確認して貰った後、実際に墨を入れていきます。

騎龍雷神図

今回は込み入った図柄なので、筋彫りをマシンで行いました。

騎龍雷神図途中

マシンは昨年、弟子の彫鈴にアメリカで買って来て貰った DK Rotary Sidewinder。ロータリーマシンとコイルマシンの良い所取りをしたマシンです。

雷神

マシンの性能だけでなく、まるで死体の様に動かないF君の辛抱もあって、仕事がスイスイ進みます。

背中額彫り筋彫り

実際の所、よく動くお客さんだと余計に時間が掛かるばかりでなく、スジが曲がってしまったり震えてしまったりという事があります。

騎龍雷神図

下書き・休憩含めてここまで約5時間。

F君、頑張って通って下さい。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました