三仙人 [星宮神社] 栃木県

菊慈童 栃木県

令和二年九月吉日、栃木県小山市の星宮神社に参拝しました。

星宮神社鳥居

御祭神 磐裂神いわさくのかみ 根裂神ねさくのかみ

星宮神社拝殿

小さめの御本殿です。

星宮神社拝殿内部

裏へ廻ります。

星宮神社御本殿覆屋

脚立を持って来ていたのですが、人の家の直ぐ横で、朝早くに気が引けてしまったので背伸びをして手早く撮影。

星宮神社御本殿

右面の胴羽目。分身を吹き出しているので、鉄拐てっかい先生こと李鉄拐りてっかいだと思います。

李鉄拐

背面胴羽目。浦島太郎の可能性もありますが、他二面が仙人なのできっと盧敖ろごう仙人。黄安こうあん仙人と同一視されますが、元々は別人だったそうです。私は勝手に、亀に乗っているのが盧敖、亀を見ているのが黄安と区別しています。どうでも良い事ですが。

盧敖仙人

左面胴羽目は菊慈童。帝の枕を越えて流刑になりましたが、八百年後、かの地で菊の露を飲んで仙人になっているのを発見されました。私の好きな画題です。

菊慈童

ここも女郎蜘蛛が多かったなぁ。

刺青師・龍元

236(2020.10.24)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    脚立を持っていない時期に回りました。
    延島神社と星宮神社は見逃してました。
    リストに追加します。所在地をこっそり
    教えてくださいね。(笑)

タイトルとURLをコピーしました