益子世間遺産の一つに数えられる [八坂神社] 栃木県

向拝の龍 栃木県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年九月下旬、栃木県益子町の八坂神社に参拝しました。ここは益子世間遺産の一つ。

益子八坂神社鳥居

寛永三年(1626)創建
御祭神 素戔嗚尊

こじんまりした拝殿には鈴も社号額もありません。

益子八坂神社

裏へ回ってびっくり。土台がただの岩を並べただけ。しかも傾いています。

益子八坂神社

大丈夫なのか。

益子八坂神社

遠くから落ち着いて見てみると、茅葺きの屋根です。

益子八坂神社

浜床などはかなり傷んでいます。

益子八坂神社

万が一倒れてしまうと大変な事になるので、社殿に触れない様に細心の注意を払いながら恐る恐る近づきます。

胴羽目は地紋彫りに神紋。微かに白い物が残りますが、かつての彩色の跡でしょうか。

益子八坂神社

往時はこんな感じで煌びやかだったのでは、と想像します。

東照山王権現
東照山王権現 雨引山楽法寺境内社 茨城県桜川市

脇障子は、樹上に巣を作って住んだという古代中国の伝説の隠者・巣父そうほ。牛に水を飲ませる為に川へ行ったが、「許由きょゆうが耳を洗った水を牛に飲ませたくない」と引き返します。

巣父

実際に目の前でやられたら、僕は飲みませんが、牛には飲ませるかもです。

背面胴羽目も地紋彫りに紋章。

益子八坂神社

左面胴羽目も地紋彫りに紋章。脇障子は許由きょゆう堯帝ぎょうていから帝位を譲るといわれ、耳が穢れたと言って川で耳を洗います。舜は素直に譲られたのにね。

益子八坂神社

「ナンデスカ〜!?」

許由

刺青師・龍元

132(2021.10.25)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    こちらは誰が見ても心配になりますね。
    400年も地震、台風に耐えてきたんですね。
    頑張れー!と応援したくなります。(笑)

    「ナンデスカ~!?」最高ですね!
    時折、絶妙な解説が脳裏に浮かんできて、
    思い出し笑いをしています。(笑)

    • 見ると社殿の周りは綺麗に草がむしってあって
      大事にされている事がわかりますね。

      解説だなんて、そんな大層な物じゃありません。
      ただの感想、妄想です。
      m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました