胴羽目は二十四孝から [荒神社(楡山神社境内社)] 埼玉県

荒神社御本殿 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、埼玉県深谷市楡山神社の境内社荒神社に参拝しました。

荒神社

御祭神

火産霊命(ほむすびのみこと)
奥津比古命(おきつひこのみこと)
奥津比売命(おきつひめのみこと)
東向き

荒神社看板

荒神社御本殿

右面胴羽目は二十四孝から「郯子たんし」。目の悪い両親のために鹿の皮を被って乳を搾ってたら、猟師に撃たれそうになった、という話。

二十四孝 郯子

背面胴羽目は二十四孝から「田真三兄弟でんしんさんきょうだい」。親が亡くなって財産を分ける時に、庭に咲いてる花蘇芳の木も兄弟で分けようとしたら枯れてしまったので、切るのをやめたら元通りに戻った、という話。あんまり親孝行と関係ないな。

二十四孝 田真三兄弟

左面は二十四孝から「楊香」。父と楊香が山に入ったら虎が出て来たので、楊香が「私を食べて父を助けて」と天に祈ったら虎はどこかへ行ってしまった、という話。

二十四孝 楊香

脇障子。これは何でしょうね。竹に短冊と菖蒲の花、衝立に着物が掛かっている図案の様ですね。短冊や菖蒲の花は着物の図案で良くありますが。なんか意味があるのかな。

右側脇障子

反対側も同じ。

左側脇障子

境内社としてはかなり立派な社殿でした。

刺青師・龍元

(077)2020.04.25

コメント

タイトルとURLをコピーしました