仙人系? [大前神社] 栃木県

向拝の龍 栃木県

令和二年九月吉日、栃木県栃木市の大前神社に参拝しました。案内板によれば、ここは近隣では「おおまえ神社」と呼ばれているそうです。

大前神社鳥居

御由緒

創建年代不詳
室町時代社運が衰え祭祀廃止
天正十九年(1591)再建
明治十二年(1879)現地へ遷座
御祭神 於褒婀娜武知命おおあなむちのみこと

拝殿

大前神社拝殿

向拝の龍が見事。

向拝の龍

さぞかし名のある工匠の作なのでしょう。

向拝の龍

蝉の抜け殻。いよいよ暑かった夏も終わりですね。寺社彫刻探求には良い季節がやってきます。

向拝の龍

御本殿

御本殿覆屋の格子状の窓には白いプラ板がはまっています。一瞬「ええっ!!これじゃぁ御本殿見えないじゃん」と思いました。実は、事前情報はここに彫り物が ”ある” という情報だけ。

とにかくピラミッド状の土台を登ってみると、側面のプラ板数枚が透明で、中を鑑賞できる様になっていました。ああ、良かった ε-(´∀`; )

大前神社御本殿

全体の雰囲気は渋くて良い感じですが、胴羽目は後付けでしょうか。額に入っていて、身舎に比べて大幅に幅が狭いです。位置も前方に偏っているし。。。

大前神社御本殿右面

少年Aの様に目隠しが入っていて、どなたなのか分かりません。目隠しが無くても分かりませんが。

大前神社御本殿右面胴羽目

左面側。

大前神社御本殿

彩色の寂れ具合が良い感じです。

大前神社御本殿左面

どなたでしょう。仙人っぽい。

大前神社御本殿左面胴羽目

背面には何か魚のヒレの様な物が写っており、とても気になります。

なんだろ

できれば、背面のプラ板も何枚か透明な物にして貰えたら、より良かったのですが。。。

刺青師・龍元

198(2020.09.16)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    魚のヒレのようなもの、気になりますね!
    自分は胴羽目の偏りがとても気になります!!
    バランスが悪いので、真ん中にしてほしい!!!(笑)

    • 龍元 より:

      本当ですよね!
      左右の胴羽目で偏り方が違うのも気になります。
      縦の寸法はぴったりなんですから、横もちゃんとして欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました