御本殿は龍尽くし [英多神社] 長野県

英多神社鳥居 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年四月、長野県佐久市の英多神社えたじんじゃに参拝しました。

英多神社鳥居

鳥居にはあまり興味がないので、いつもは一つだけ写真を撮るのですが、ここは参道が良い感じに思えたので、四の鳥居まで撮りました。

英多神社鳥居

四の鳥居をくぐって階段を上ると右手に社務所があります。

英多神社鳥居

創建年不詳
文化三年(1806)現本殿建替
御祭神 建御名方命たけみなかたのみこと

英多神社拝殿

御本殿は密閉型覆屋の中。窓にはガラスが入っていて高い位置にあるので、直に鑑賞するには脚立が要ります。それからガラスを拭く雑巾も。

英多神社御本殿覆屋

さすが密閉型覆屋、200年以上前の御本殿なのに、保存状態は極上です。

英多神社御本殿

上部の四隅には龍の持ち送りがついています。

英多神社御本殿

妻飾りは龍。

龍

大虹梁の下にも龍。

龍

胴羽目も龍です。

龍

脇障子も龍。

龍

背面には窓が無かったので斜めから。ここだけ龍ではなく鶴と亀。

鶴亀

ところで、ここは御祭神が建御名方命一柱ですが、かつては大国主命と建御名方命で二柱だったので二間社になっている様です。

英多神社御本殿

左面も龍尽くし。

英多神社御本殿

妻飾りの龍。

龍

その下も龍。

龍

持ち送りの龍の手はTレックスみたいです。

龍

胴羽目の龍。

龍

脇障子も龍。脇障子の上にも龍。

龍

海老虹梁も龍。頭は前方の木鼻になっています。

龍

向拝柱の側面にも龍。

龍

ここまで龍尽くしなら、背面も龍にしたら良かったのに、と思いました。

龍の顔は佐久市でよく見かけるタイプ。今まで勝手に大隅流と推定していましたが、他の流派でも影響を受けて似ている場合もあると最近知りました。宮彫師の系譜は深いです。

刺青師・龍元

060(21.04.22)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    これほどの龍尽くしは始めて見ました!
    脇障子の上にも龍で、クスッと!!
    木鼻の頭は面白いですね!!!

    背面も龍なら完璧だったのに・・・。
    同感です。(笑)

タイトルとURLをコピーしました