題目不明しかし一級品彫り物のオンパレード [鹿島神社] 埼玉県

右面胴羽目 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和二年四月吉日、埼玉県深谷市の鹿島神社に参拝しました。

鹿島神社鳥居
鹿島神社社殿

由緒

創建不詳
文化七年(1810)本殿建立
明治十四年(1881)拝殿建立
御祭神 武甕槌命(たけみかづちのみこと)

拝殿

向拝唐破風下には二十四孝の「大舜」がありました。

二十四孝 大舜

御本殿

格子窓の内側には目の細かい金網が張られていました。もっとレンズを密着させれば金網は殆ど見えなくなるのですが、格子の隙間が狭くてカメラが奥まで入りません。

御本殿左面

狭い場所でも取り回しが良いので、ミラーレス一眼を使っているのですが、普通の一眼レフよりレンズが短いのがアダになりました。金網に少〜しだけレンズが届きません。

なので、少し網の影が写ってしまっています。

向かって左面の胴羽目。

左面胴羽目

腰羽目。

左面腰羽目

背面胴羽目。

背面胴羽目

腰羽目。これは「唐子の演奏」だと思います。

背面腰羽目

右面の胴羽目。

右面胴羽目

腰羽目。

右面腰羽目

左側の脇障子。

左側脇障子

右側。踊る神々ですかね。

右側脇障子

脇障子は服装から言って、日本図柄っぽいですが、胴羽目は全部中国の古い物語でしょうね。画題は分かりません。

彫り物は最上級でしたが、網がなぁ。。。

刺青師・龍元

081(2020.04.27)

コメント

タイトルとURLをコピーしました