文様尽くしの御本殿 [香取神社] 茨城県

花熨斗文様 茨城県
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年新年巡礼の旅、九社目は茨城県つくば市の香取神社です。

香取神社鳥居

集会所を兼ねた拝殿。神社が地域に溶け込んでいますね。きっと昔から地域の事を相談する時にはいつも神社に集まっていたのでしょう。

香取神社拝殿兼集会所

覆屋。

香取神社御本殿覆屋

中には立派な御本殿が鎮座していました。

香取神社御本殿

妻飾りには鶴の彫り物。胴羽目は花熨斗文様はなのしもんようです。

香取神社御本殿

縁下斗栱間にはまんじ文様。仏教では吉祥の印ですね。ヨーロッパに行くと嫌われますが、あちらのは向きと角度が違います。

香取神社御本殿縁下

脇障子は松に亀。

香取神社御本殿脇障子

背面胴羽目には彫り物は無し。その代り、脇障子には紋がありました。

香取神社御本殿

橘、松かな?、三つ巴、これも松かな?卍、の五つの文様が彫られています。反対側の脇障子も同じ。寄進した人たちの家紋かな?

香取神社御本殿脇障子

左側の胴羽目も花熨斗の文様でした。

香取神社御本殿

縁下には菊水の文様。

香取神社御本殿縁下

左側脇障子は松に亀。

香取神社御本殿脇障子
香取神社御本殿

地域に溶け込んで大事にされていると感じる神社でした。

刺青師・龍元

009(2021.01.20)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    補修板が板板しいです。(笑)
    大事にされてる証拠ですね。
    ここは記憶が薄れました。
    近いので再訪してみます。

    • 龍元 より:

      なかなかの親父ギャグですね。
      うちの中三の娘に言ったらバカ受けしそうです。
      ここは彫り物も薄れてますね。

タイトルとURLをコピーしました