閻魔大王

神社仏閣

18世紀中頃の彫り物 [珊瑚寺 地蔵堂] 群馬県

宝暦四年(1754)大工棟梁 下野國芳賀郡興能村 黒崎勝右衛門により現堂宇が普請が行われた事が棟札により確認できます。元は萱葺であったが、その後鉄板で覆い、平成三十一年(2019)の大改修で銅板に葺き替えられました。
神社仏閣

一つ積んでは父の為 [大悲願寺 観音堂] 東京都

古刹・大悲願寺観音堂を訪れました。綺麗に彩色が施された向拝や欄間の彫り物には心を奪われます。
手彫り刺青作品

背中額彫り [地獄太夫と閻魔大王と一休和尚] ついに完成しました

地獄「山居せば深山の奥に住めよかし こゝはうき世のさかひ近きに」 一休「一休が身をば身ほどに思はねば 市も山家も同じ住家よ」 一休「きゝしより見ておそろしき地獄かな」 地獄「しにくる人の落ちざるはなし」
神社仏閣

閻魔さまが笑う [獨鈷山普門院西明寺] 栃木県

独特な表情の閻魔さまが印象的です。
手彫り刺青作品

[地獄太夫と閻魔大王と一休和尚] 背中額彫り途中経過

背中額彫り「地獄太夫と閻魔大王と一休和尚」が進行中。額の黒墨が終わりました。
神社仏閣

大迫力の龍が三匹 [慈雲山無量寿院 逢善寺] 茨城県

お寺らしい大きくて迫力のある彫り物がありました。追記あり(2021.02.07)
手彫り刺青作品

無惨絵![地獄絵図]

閲覧注意。一部(全部?)残虐な画像が含まれます。
タイトルとURLをコピーしました