佐久三大奇祭の一つが行われる山に祀られる [榊神社] 長野県

榊神社 神社仏閣
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の手彫りの技術の継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

令和三年九月中旬、長野県佐久市の榊神社に参拝しました。

榊神社入り口

この橋の袂にいくつか社が集まっていて階段の右手にも二社鎮座していますが、お目当ての神社は階段の上。

榊神社入り口

グーグルマップではここなのですが、鳥居には稲荷と書いてあります。参拝してみるとやはり違ったので、鳥居の左側を抜けてさらに上へ。

榊神社参道

有りました。他の社には鳥居が各々の社殿の前に有りましたが、榊神社には鳥居が有りませんでした。

榊神社

調べると、近くの大伴神社の例祭で榊祭りという火祭りがあり、そのクライマックスがこの山の頂上から始まるそうです。見切れてしまってますが、右端に榊祭りと書かれた杭が写っています。

榊神社

御祭神 木之花咲夜姫命このはなさくやひめのみこと

榊神社御本殿

小さいながらも木鼻と胴羽目彫刻があります。

榊神社御本殿

あまり上手い彫り物ではありませんが、綺麗に手入れがされています。

榊神社御本殿身舎

麒麟でしょうか?

麒麟

左面。

榊神社御本殿

遠目には狐の様に見えます。

榊神社御本殿身舎

が、写真をみると違う様です。背中に甲羅がある様にも見えます。犀でしょうか?

犀?

ここの所コロナのせいで中止になっているみたいですが、榊祭りというのは室町時代から続く伝統の火祭りで、佐久地域三大奇祭の一つ。100人を超える老若男女が、この山の頂上に焚いた篝火から松明に火を移して駆け降り、橋から川へ投げ込むそうです。

地域の人々に大事にされているのでしょう。

刺青師・龍元

115(2021.09.22)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    東関東の神社を星の数ほど回ってますが、
    そこで気づかされたのは氏子さんたちの
    深い信仰心です。
    しめ縄や紙垂、掃き清められている境内、
    おおむね9割以上は手が掛けられています。
    これからも大事に守り続けてほしいです。

    • 本当ですね。
      どんな神社も氏子さん達には自慢の神社なんでしょうね。
      たまに氏子さんに遭遇して、社殿を褒めると嬉しそうに色々教えてくれたりします。
      廃れるのはあっという間ですが、守るのは大変ですよね。

タイトルとURLをコピーしました