御幣が立てられた [鷲宮神社] 栃木県

鷲宮神社拝殿 栃木県

令和二年九月吉日、栃木県佐野市の鷲宮神社に参拝しました。

鷲宮神社鳥居

御祭神 天日鷲命あめのひわしのみこと


鳥居をくぐった時から何か感じてました。

私には霊感の様な物は無いし、パワースポットと言われる神社でも何かを感じた事は無いのですが。。。

鷲宮神社拝殿

覆屋右手の崩れ掛けた小屋には、何かの残骸が放りこまれているし、左手の建物は扉が外れかかっているし、覆屋の格子も壊れている所が。。。

鷲宮神社御本殿覆屋

御本殿の廻し縁には御幣が何本も立てられていて、胴羽目が見えなくなっていました。

鷲宮神社御本殿

背面。荒廃した建物とは対照的に御幣自体は新しい物だったので、打ち捨てられている訳ではなさそうです。

鷲宮神社御本殿

胴羽目は三面とも見えなくなっていました。いつもこうなのでしょうか。

鷲宮神社御本殿

気味悪かったので写真は撮りませんでしたが、右手の建物の前の狛犬は左右共に前足がありませんでした。

今考えると、この神社は氏子の減少で資金とマンパワーが絶対的に不足しているのでしょう。それでも熱心な方が御幣や縄などを取り替えている、という感じですか。

刺青師・龍元

207(2020.09.26)

コメント

  1. onijii より:

    onijiiです。
    これ御幣というんですか?初めて知りました。(笑)

    信心深い氏子さんが、彫刻を神様への捧げものに
    しているようですね。ご奇特な方がいるもんです。

    でも彫刻好きには邪魔ですよね。(笑)

    • 龍元 より:

      この神社、氏子さん達には申し訳ないんですけど、
      鳥居をくぐった時から変な感じがして気味が悪かったので、
      さっと参拝して、コンデジでさっと撮って、
      足早に退散しました。
      彫刻が見えなくて逆に良かったかも。。。

タイトルとURLをコピーしました