そのまま入れりゃ良いってもんじゃない [神奈川沖浪裏]

神奈川沖浪裏 手彫り刺青作品
神奈川沖浪裏
プロフィール

彫師歴四半世紀余。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本のみならず、世界中で日本伝統刺青に注目が集まる中、世界の刺青大会に参加、北米・南米・欧州・豪州など各国の刺青師と交流。日本古来伝統の技術である手彫りの継承・研鑽とともに、日本文化の紹介にも力を注いでいます。

刺青師・ 龍元をフォローする

神奈川沖浪裏

多分、日本で知らない人はいないんじゃないかという位に有名な浮世絵、北斎の富嶽三十六景から「神奈川沖浪裏かながわおきなみうら」。

神奈川沖浪裏
神奈川沖浪裏

絵のフレーム

特に海外の人からの注文が多いのですが、いざこれを刺青として入れるとなると考えなければならないのが、端っこの処理、つまりフレームです。

元の絵の通りに長方形にぶった切るのは最低ですよね。元の絵は浮世絵だから四角くて良いのです。でも刺青の場合には絵の端っこの処理が一番大切です。

札チラシの内の1枚にするという手も無い訳ではありませんが、この「神奈川沖浪裏」だと細かいので札一枚が結構な大きさになってしまうし、第一、1枚だけでは札チラシになりません。

瓢箪

なので、今回はひょうたんにしてみました。

神奈川沖浪裏
神奈川沖浪裏
神奈川沖浪裏

スジはマシン、ボカシは手彫りです。場所は腿、所要時間は休憩を入れて3時間です。

過去の「神奈川沖浪裏」

打ち出の小槌に入れた事もあります。

打ち出の小槌
打ち出の小槌

額が一番のフレームです。額彫りというのはまさにこの為に考案された訳ですから。

神奈川沖浪裏の巴御前
神奈川沖浪裏の巴御前

あとは団扇とか扇子とか凧とか。着物の柄として入れた事もあったなぁ。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました