手彫り!!

刺青師・龍元 動画
刺青師・龍元

彫師歴二十余年。東京六本木にて刺青芸術工房龍元洞を主宰。
日本伝統刺青・和彫りとは古来より連綿と日本に伝わる生きた芸術です。伝統を受け継ぎ、研鑽し、さらに発展させて後世に伝えていく事を目標にしています。古来伝統の手法である手彫りの刺青に興味を持っていただければ幸いです。

刺青師・ 龍元をフォローする

皆さん意外かもしれませんが、手彫りは機械彫りに比べると痛みは楽なんです。

例えて言うなら、洗濯機と手洗いの違いですね。手彫りの方が肌に優しいんです。

細かい事を言えば、例えば

  • 針の本数が多いほど痛みが軽くなる
  • 同じ面積でも手彫りは肌に針を刺す回数が少ない

など色々ありますが、針を刺す回数が少ないという事は、副次的に治りが早いという事にもつながります。

それから、これは技術的な事でお客さんにはあまり関係ないのですが、淡墨を使っている時に、機械彫りは肌が直ぐに真っ赤になってしまって墨の濃淡を見極める事が困難になりますが、手彫りでは実際に入っている墨の濃淡を確認しながら作業を進める事が出来ます。

画像中央の三角マークで再生
画像左右の矢印マークで次の画像です

もちろん衛生面も万全です。衛生管理について詳しくは 龍元洞の衛生管理について をご覧下さい。

刺青師・龍元

タイトルとURLをコピーしました